*

ad




松戸ニュース

松戸北部市場の今。再開発プロジェクトが締結されたようです

投稿日:

松戸北部市場の今。再開発プロジェクトが締結されたようです

3月末に閉鎖された松戸市北部市場。

解体は着々と進んでいます。

松戸北部市場の今。再開発プロジェクトが締結されたようです

 

その北部市場跡地の再開発計画が締結されたようです

松戸北部市場開発プロジェクト開始について

~商業施設開発を前提とした定期借地予約契約を締結~

住友商事株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 CEO:中村邦晴、以下「住友商事」)は、松戸市公設地方卸売市場北部市場(所在:千葉県松戸市八ヶ崎二丁目、以下「北部市場」)の跡地利用活用において、土地所有者である千葉県食品流通センター株式会社(本社:千葉県松戸市、代表取締役社長:鈴木敏行)と事業用定期借地契約の予約契約を締結しました。

北部市場は、1969年の開設以来、卸売市場として長く市民の食生活を支える重要な役割を担ってきましたが、施設の老朽化および耐震性の問題、市場を取り巻く環境の変化などにより、2017年3月末に閉鎖しました。住友商事は約5ヘクタールの広大な北部市場跡地に、複数の大型店と専門店を集積した一体型多核モールの形態による、街並みとの調和と地域の多世代交流の空間を実現する商業施設の開発を行い、新たな交流の拠点・憩いの場を提供します。松戸北部市場開発プロジェクトは、2018年度内の着工、2019年度内の竣工・開業を目指します。

同商業施設には物販・飲食・サービス業種の他に、シネマコンプレックスを核としたアミューズメント機能、地域住民の健康維持促進のためのフィットネスやクリニックなどの導入を検討しています。また、住友商事と運営管理会社である住商アーバン開発株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:高野稔彦)が計画段階から一体となり、継続的に住友商事グループが事業運営する体制を構築します。

住友商事グループは、1976年より商業施設事業に参画して以来、地域の特徴を活かした
オーダーメイド=「地域メイド」のスタンスで取り組んでおり、現在全国で33施設を所有・運営しています。代表案件であるテラスモール湘南は、2015年4月に、一般社団法人日本ショッピングセンター協会が選出する「第6回日本ショッピングセンター大賞」の最高位である金賞を受賞するなど、その開発・運営実績は高く評価されています。 詳しくは→こちら

映画館もできるんですか!こりゃいいわ!

定食の大阪屋さんは小金原中央公園前に引っ越し済みです。

すでに営業を再開しております。

詳しくはまた。

-松戸ニュース

Copyright© 松戸を旅するマツタビ!! , 2020 AllRights Reserved.